買取サービス利用者が選ぶリサイクル・リユース 買取企業No1。おかげさまで6冠達成!
買取サービス利用者が選ぶリサイクル・リユース 買取企業No1。おかげさまで6冠達成!
通常営業中。ウイルス感染症の抑止対策に関するお知らせ
通常営業中。ウイルス感染症の抑止対策に関するお知らせ

当店では、手洗い・うがい・マスク着用・手指消毒、次亜塩素酸水による除菌を行っております。
出張査定時には、お伺い前に除菌スプレーを全身にし、マスク着用にて、あなたの、お近くの市町村から出張にお伺いいたします。

詳細はこちら

即日現金にて高価買取!

スピーカー買取 について

使っていないスピーカーはございますか?
大きくて搬出が大変なスピーカー等も買取経験の多い専門スタッフが無料で出張査定致しますので気兼ねなくご依頼ください。店舗での持ち込みによる買取や宅配による非対面買取も対応しております。

「スピーカーに詳しいスタッフに見てほしい」と言う方もご安心ください。オーディオの知識が豊富な専門スタッフが査定致します。
ジャンク品であってもお値段を付けて買い取れるお品物も多数御座いますので使わなくなったスピーカーやオーディオ機器があれば是非お問い合わせください。

主なスピーカー買取対象種類
スピーカーシステム|ユニット(ツイーター・スコーカー・ウーファー)|サブウーファー エンクロージャー(キャビネット)|ドライバー|ホーン|ネットワーク|アッテネーター|音響レンズ|Bluetooth

主な買取対象メーカー
JBL|Accuphase|TANNOY|DENON|LUXMAN|Pioneer|YAMAHA|SONY|Macintosh|Marantz Technics|SANSUI|BOSE|B&W|ONKYO|レコード・CDなど"

当店の買取方法の種類
出張買取(お客さま宅へお伺いし無料出張査定・買取を行います)
店舗買取(お品物を最寄りの店舗へ持込していただき無料査定・買取を行います)
宅配買取(お送りした宅配キットにて、お品物をお送りいただき非対面にて査定を行います)

買取強化中商品

買取実績

1買取専門店と店頭のリサイクルショップどちらが高価買取可能でしょうか

買取専門店の方がスピーカー高価買取が可能です。スピーカーの買取には専門的な知識が必要です。例えば古くて壊れていても中古市場において高額で取引されるモデルがあります。しかし、店頭のリサイクルショップでは、どんなメーカーの何年式の、どのモデルが人気が高いのか?マニュアル掲載していないものや買取データがない場合判断ができないことがございます。とても流通台数が少なく価値あるビンテージプレミアムモデルだったとしても、「エッジに亀裂があるので買取できない。」「エンクロージャーに猫の爪痕があって買取できない。」などオーディオの専門知識がなければ見過ごされてしまうこともあります。買取専門店では買取したスピーカーを次のオーナーへ橋渡しをする独自の流通網があるため高価買取につながる可能性が高いと言えるでしょう。

2スピーカーを売る際の3つの買取方法のメリットデメリット

買取方法には「出張買取」「店舗買取」「宅配買取」の3つがございます。「店舗買取」のメリットは急いでいる時、すぐに店頭で買取してもらえることです。ですが、スピーカーは重くて動かすのに苦労しますし、部屋から搬出する時に壁を傷つけたり、運搬中にエンクロージャーを傷つけたりする可能性があります。やっとの思いで、スピーカーを店舗に持ち込んでも、「査定金額に満足出来ずに持ち帰る…」などのデメリットがあります。

「宅配買取」は自分の都合に合わせて非対面にて買取ってもらえることですが、梱包して配送の準備をするのには、重くて大きなスピーカーは二人がかりの作業となり、その手間を考えると現実的ではありません。

その点、「出張買取」は運搬も梱包も不要でメリットも多く人気の買取方法です。理由はいくつかあります。
お電話一本でお客様のご自宅までお伺いするので一切の手間がないこと。
出張料・査定料は一切かからずお客様に負担がないこと。
他のオーディオ機器も一緒に見積もってもらうことで高額査定が見込めること。
査定価格にご満足頂ければその場で現金で払ってもらえることです。

3売れないスピーカーを判断する為には

スピーカーには様々な種類があります。床に置く大きなタイプのフロア型、テレビなどの横に置きやすいトールボーイ型スピーカー設置が簡単でコンパクトなブックシェルフ型、アンプやCDが一体型となり小型のスピカーを鳴らすミニコンポ型、そして壁などに埋め込む「埋込み型」などがあります。一昔前は、ラジカセより少し値段はするが高音質のブックシェルフ型や、5万円ぐらいまでのミニコンポは人気がありましたが、現在は人気もなく需要も少なく古い物は価格が付かないものもあります。その反面、10〜30万円クラスの高級ミニコンポなどは需要が有るものもあり、古くても高価買取りの可能性がありますので、ご自身で価値を判断せずにスピーカーに詳しいバイヤーが在籍する当店へ相談ください。

4中古で壊れたスピーカーでも高価買取出来る品物は沢山有ります。

「スピーカーのエッジがボロボロになっている…」「コーン紙が破れている…」スピーカーを見るともう使えないのではないかと思いがちです。スピーカーには寿命があり、経年劣化や大音量で使い続けることで、「灰色のウレタンエッジ」は、だいたい10年程度、「黒いゴムエッジ」でだいたい3年ほどで劣化が始まり音質が低下します。その他にも、大音量で音を鳴らすことでボイスコイルを焼きって断線したり、コーンの固着、ダンパーの故障など… 様々な故障を発生します。しかしスピーカーが故障する事は珍しくなく、修理を行うことで新しい命を吹き返すことができます。エンクロージャーに傷があったり、コーン紙が破れていたり、エッジがボロボロ、全く音がならなくても、高価なスピーカーやビンテージスピーカーなどは高価買取できるものは沢山あります。まずはスピーカーに詳しいバイヤーがいる当店に確認してみて下さい。

5部品が欠如しているものでも売ることは可能ですか

高価買取の条件として、箱、取扱説明書、保証書、付属のケーブル類などが揃っていればもちろん良いのですが、必ずしもこれらがなければ買取ができないものではありません。部品が欠如していても、人気のスピーカーは高価売却することが可能です。特に高級スピーカーなどは、スピーカーパーツが流通しているので部品が欠如していても補ったり、修理することが可能です。もしあなたが、部品が欠如しているスピーカーをお持ちで「買取して欲しいけど本当に買取してくれるのかな?」と思うのなら、まずはスピーカーに詳しいバイヤーがいる買取専門店の当店にお問い合わせください。

6売れないスピーカーの処分方法はどうしたらよいか

売れないスピーカーの処分方法は複数あります。まず1つが「リサイクルショップで無料で引き取りしてもらえるのかを確認すること」です。リサイクルショップで引き取りが無理な場合は「周りの友達に譲る」方法があります。また最近では個人売買仲介サイトがあるので、無料でお譲りしますと言えばコストゼロで処分ができる可能性があります。また楽しみながら処分できるのが地元で開催される「フリーマーケット」の利用です。次に自治体のサービスを使うことです。自治体の回収にお願いするかご自身で処理施設へ運搬する方法です。以上ご紹介した内容で処分ができない場合には不用品回収業者へ依頼することになります。お金はかかりますがご自身で処理場まで重たいスピーカを運ぶことを考えるとスピーディーに処理をしてくれる商品回収業者は便利です。あなたに合った処分方法を選んでみてください。

7遺品にて価値があるかどうかわからない場合どうしたらよいか

ご家族が生前大切にし残されたスピーカーは、どうやって整理または処分をすればいいのか悩んでしまうものです。とても貴重なビンテージスピーカーだったとしても、ご遺族にはその価値を判断することは難しく、残されたご家族への財産となるはずのものが、とても残念なことに破棄されてしまう場合があります。本来なら、「価値を理解したコレクターへ受け継がれ、大切に扱われるスピーカーのはずなのに処分されてしまう…」 そのような悲痛なことにならない為に、「ご遺族が残されたスピーカーを整理したい」とお考えの場合は、「古いから使えない」「壊れているから処分しよう」と自分で判断せずに、遺品整理士の資格を持ったスピーカーに詳しいバイヤーがいる買取専門店の当店にまずはご相談ください。

8スピーカー買取金額の相場について

中古のスピーカー買取価格がウェブサイト上に記載されている場合、概ね買取価格の上限はわかります。ですが注意しなくてはならないことがあります。それはスピーカーの買取相場は「需要」と「供給」のバランスで毎日変動している為に、サイト更新の遅延状況によっては、買取価格の数字が参考にならない場合があることです。実際に査定をするとなると「動作確認」を必ず行い「どんな音を奏でるのか?」をチェックし、市場での人気度、希少価値、製造年月日、メーカー、型番、付属品、保証書、箱、ケーブルなどの備品があるのか?さらには汚れ、傷、凹みなど… とても多くの査定項目をチェックしなければ正確な査定価格は提示できません。ですので、サイト上に「〇〇万円で買取」と言う言葉を信じて「売却したが思った価格とは違った!」と後悔しない為にも、買取経験が豊富で毎日市場価格を把握し、実際にオーディオの音を聴く買取査定スタッフがいる当店へまずはご相談ください。

9スピーカーを少しでも高く売るためのコツ!

スピーカーを少しでも高く売るには、丁寧に扱われてきたことをアピールするためにも外観を出来る範囲でキレイにしてください。本体だけではなく、ケーブルもきれいに掃除されていれば、いくら買取経験が豊富なバイヤーでも、丁寧に扱われてきたスピーカーを見れば「心象」が良くなり、交渉もしやすくなると言うものです。また、バイヤーの査定の手間を取らせないためにも、「すぐに音出しができる状態」にしておくことは大切です。その他にも、付属品、保証書、取扱説明書、予備として購入していた備品など、今後使わないものなどがあれば、一緒に査定してもらうことで高価買取につながる可能性が高くなります。また、リサイクル業者で買取をするとスピーカーの専門的な知識がない場合が多く正しい査定ができない場合があります。ですので数多くのスピーカの買取経験豊富な当店へご相談して頂くのが一番です。

10スピーカー以外の商品もまとめて買ってくれるのか

スピーカー以外にも、当店はオーディオ機器に関するものでしたら豊富な買取経験があるため買取が可能です。特にスピーカーは大きく重いものが多いので、無料出張査定をお勧めしております。出張査定でしたら、スピーカーを拝見すると同時にアンプ、プレーヤー、ケーブル、その他備品など様々なオーディオ機器をその場で査定することができます。当店としても、一度の査定で多くのお品を買い取ることができればメリットも多く、その分、査定価格に上乗せさせて頂くことが可能になります。「こんなものが本当に売れるのかな?」と少しでも思ったら、まずは、オーディオに精通したバイヤーが在籍しています当店にご相談ください。

  • オーディオ
  • カメラ
  • 楽器
  • 電動工具
  • ブランド品
  • ヴィトン
  • 貴金属
  • ブランド食器
  • リヤドロ
  • ビスクドール
  • 自転車
  • ホビー
  • エアコン
  • 家具